旭ヶ丘病院

埼玉県日高市[救急指定・労災指定]

埼玉県日高市大字森戸新田99-1
休診日:土曜午後・日曜・祝日

042-989-1121

看護部

当法人はケアミックスの施設です。一般病棟、療養病棟と療養型介護老人保健施設を併設しております。
二次救急病院の役割もあり、一般病棟では救急患者さんの受け入れや手術前後の患者さんの看護を行っています。
療養病棟では介護職が中心となり、各種レクリエーションを実施しています。
また、外来では内視鏡検査や糖尿病教室においても看護職は重要な役割を担っています。
後輩育成にも力を入れており、看護学校の臨地実習や介護職のさまざまな実習も受け入れております。

看護部|看護部組織図看護部キャラクター病院部門部署紹介教育•キャリア採用情報その他支援・活動

看護部長挨拶

日高市は自然豊かな東西に長い地形の市です。当法人は川越・鶴ヶ島に隣接している日高市西部地区に位置しており、圏央道鶴ヶ島インターより車で10分程度の場所にあります。
私たち看護部職員は心温かく豊かな温もりのある環境で、安心と信頼の医療・看護・介護が受けられる地域施設を目指しています。患者さん、利用者さんとそのご家族との人間関係を大切にし、信頼関係を築くことでやりがいのある職場作りにつなげたいと考えています。また、専門職としてチーム医療・福祉に貢献できるように、看護・介護の教育に取り組んでいます。

看護部長 川野奈緒美

看護部

看護部

看護部 理念

人々の尊厳と権利を尊重し、信頼される看護の提供で地域に貢献します。

基本方針

  1. 患者様の立場に立ち、安全・安心できる看護ケアを実践します。
  2. 看護の役割を発揮し、多職種と協働してチーム医療を担います。
  3. 地域の医療・福祉機関と協力し、住民の地域生活を支えます。
  4. 看護の専門性を高め、やりがいが感じられる職場環境を築きます。

2017年度看護部目標

  1. 職場環境改善
    ・「自律」

    ・時間管理(時間外業務を減らす)
    ・サポート体制強化(管理者がサポート強化)

  2. 成長の見える職員教育
    ・年度末レポート提出70%以上
    ・学会発表1演題
    ・eラーニング参加率70%以上
  3. 差別化(部署の強み・カラーをつくる)
    ・地域包括における役割強化
  4. 地域住民の健康管理に貢献
    ・各種イベント開催
  5. 法人内連携強化
    ・病院と老健のスムーズなベッドコントロール

病院部門看護部の特色

看護の専門性を活かし、急性期から慢性期、在宅までの継続性を重視し、患者さんとそのご家族の生活の質の向上をサポートします。

老健部門介護・看護の特色

医療度の高い方も安心して入居できるよう夜間は看護職2名、介護職3名を配置しています。

看護部組織図

看護部組織図

 

看護部キャラクターの紹介

きぼうくんとこころちゃん

特徴 日高市の特産物の栗をモチーフにした顔立ち、患者さんを診るための輝く目と、ユニホームの胸には、思いやりの気持ちがこもったハートを取り入れ、より良い看護・介護を提供する看護師をデザインしました。

きぼうくん

きぼうくん

きぼうくん…きぼうに添える看護・介護が提供できるパワーのあるメンズナース

 

こころちゃん

こころちゃん

 

こころちゃん…感情、意志、知識、思いやりのあるナース

病院部門部署紹介

・外来・手術室・東館4F・本館3F・西館3F・退院支援室
部署紹介のページはこちら

看護体制

一般病棟の入院基本料は10対1、急性期看護補助加算25対1です。
療養病棟の入院基本料は20対1です。
看護方式は固定チームナーシングですので、継続受け持ち方式です。
勤務体制は2交替制です。

教育方針

看護部理念を実現するために、看護師個々の学習ニーズや目標を尊重し、自己研鑚力を高められるようなキャリア開発を支援しています。

キャリア支援

キャリアラダー

臨床実践能力を「看護実践」「管理」「教育」「研究」「接遇」の5領域分け、新人(Ⅰレベル)から5レベルのそれぞれの目標達成に向けた、行動目標を明確にし、評価を行っていきます。看護補助者、クラーク用のラダーもあります。 また、管理職用には「マネジメント・リーダーシップ」「人間関係能力」「看護の質評価・改善能力」「教育研究能力」「倫理」「接遇」の6領域に分け、6レベルから10レベルまでの評価を行っていきます。

研修計画

感染・安全管理の職員全体研修から、看護部独自のラダー別研修、リフレッシュ研修などがあります。また、看護協会費の補助制度もあり、院外研修にも積極的に参加しています。
eラーニング導入で職員の負担軽減

ポートフォリオ

パーソナルポートフォリオを作成し、自分の課題を認識することで、目標を持って自己学習や研修・委員会活動に参加します。作成したレポートや写真などから1年間の自分の歩みを振り返ることができます。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

アッサ―による教育、評価と外部評価を行っています。

その他支援・活動

「看護師」「准看護師」の資格をお持ちの方へ

当院ではブランクのある方に個別教育計画を実施し、看護職として安心して働けるよう支援を行っております。

お気軽にお問い合わせください。

看護師復職支援研修

現在、看護職の資格を持ちながら、結婚や出産、転職、介護などの理由により職場から離職されている方々、ブランクがあって職場復帰に不安を感じている方々のための再就業支援を行っています。

職員院内保育室「キッズルーム」

生後6か月から就学前までのお子さんをお預かりしています。 週3回の夜間保育も行っています。(月曜日、金曜日、土曜日)
学童低学年のお子さんは学校がお休みの日や夜間のお預かりをしています。

院内保育室

職員院内保育室「キッズルーム」

院内保育室作品

職員院内保育室「キッズルーム」作品

ボランティア活動受け入れ

院内コンサートや各種レクレーション、ダンス・踊りなどさまざまな方のご協力をいただいています。活動希望の方は、看護部・医療相談室までお問い合わせください。

職場体験受け入れ

地域の中学生の職場体験の受け入れを実施しています。看護部だけではなく、将来ある子供たちに病院で働いている多くの職種を知ってもらう取り組みを行っています。そのことにより、将来の仕事選択時の参考になればと考えています。

その他

看護学校の臨地実習施設
介護職の実習、介護職の喀痰等吸引実習施設
介護プロフェッショナルキャリア段位制度導入

奨学金制度

当院では、看護師・准看護師を目指して勉強されている方を対象に、奨学金制度を実施しております。奨学金の支給は、看護学校合格・入学決定後になります。現在看護学校に在学中の方の応募も歓迎します。詳しくは看護部までお問い合わせください。

採用情報

看護職採用情報詳細はこちら

▲ページ先頭へ