旭ヶ丘病院/公式ホームページ・日高市

埼玉県日高市[救急指定・労災指定]

埼玉県日高市大字森戸新田99-1
休診日:土曜午後・日曜・祝日

042-989-1121

外来

外来では看護師・准看護師合わせて11名、看護助手・クラーク合わせて6名が在籍しています。各科の診療の補助のほかに2次救急対応や、内視鏡の介助も行なっています。患者様の不安や困っていることに迅速に対応できるようフロアマネージャーを配置しています。また、様々な病気や予防のためのアドバイスなど掲示物を充実させ、患者様にとって満足度の高い待合室を目指しています。
外来では子育て中のスタッフが多く在籍していますが、院内保育室があるため日曜・祝日など一般の保育園が休園の場合でも勤務が可能で、子育てと仕事の両立ができます。

外来

手術室・中央材料室

当院は、現在整形外科手術を中心に手術を行っています。手術室看護師は、手術が安心・安全・円滑に進むよう、病棟・外来・他職種と連携しながら手術の介助を行っています。患者さまの抱く不安を少しでも軽減するために術前訪問をし、術後の経過を確認するために術後訪問も行っています。患者さまが安心・安全・安楽に手術が受けられるよう、スタッフ一丸となって、日々努力しております。
中央材料室は、患者さまに、安心・安全に医療材料が使用できるよう、医療器材の洗浄・滅菌業務、医療材料の管理をおこなっています。 

手術室

東館4階病棟(一般病棟)

東館4階病棟は、52床、看護基準10:1の一般病棟であり、内科・整形外科の患者様が入院しています。
入院時より退院支援看護師・メディカルソーシャルワーカーなどと連携をし、患者様や家族が治療後安心して退院できるよう配慮しております。近隣病院からの転院の受け入れも多く、様々な疾患を持つ患者様に対応しています。また、入院・退院の対応や手術前後の看護業務など多岐にわたりますが、その中でもスタッフは積極的に院内のラダー研修や院外研修に参加しており、自己スキルアップを図るとともに患者様に安全で安楽な看護の提供ができるように研鑽しています。
師長をはじめ、とても活気のある病棟です。また、子供を持つスタッフも多く、ブランクのあるスタッフにもマンツーマンで指導を行い不安なく業務に入っていけるように配慮しております。

東館4階病棟

本館3階病棟(療養病棟)

本館3階病棟は長期療養を目的とした病棟です。口からの食事がとれずに点滴が1日中必要な方や鼻から管を入れ栄養を行う方がたくさんいらっしゃいます。そのため、身の回りのお手伝いを行い、患者さんが安全・安楽に療養できる環境つくりを行っています。
入院生活が長期になるため、日々の生活の中で楽しみが一つでも増えるよう、月に1回季節が感じられるレクリエーションを行い、時には患者さんと製作を一緒に行うことで、気分転換や認知症予防に繋がるように努めています。

本館3階病棟

西館3階病棟(退院支援強化療養病棟)

40床の療養病棟です。今年度10月から退院支援加算Ⅰを取得しました。退院支援室、MSW、リハ科と連携を深め患者様やご家族が不安なく安心して退院できるよう支援しています。
今年度は1名の新人看護師が配属されました。ベテラン看護師たちの指導を受けながら日々技術や知識の習得に励んでいます。そして、ケアワーカーは介護福祉士を中心に充実したケアの提供を行っています。
西館3階病棟は、明るく元気な師長を筆頭に患者様ご家族様とのコミュニケーションを大切にしています。

西館3階病棟

退院支援室

H28年9月より退院支援室が立ち上がり、10月開設となりました。
看護師2名(阿部、金野)、 MSW(宮田)が担当させて頂きます。
「住み慣れた場所で末永く生活していく」という、国の政策の基、できるだけ慣れた場所で過ごせるように、入院時から退院後を見据え、日常生活が安心して過ごせるよう、必要なサポートをしていきたいと思っています。まだまだ、日々奮闘中です。
どのようにすれば、患者様の希望に答えられる支援ができるのか?勉強中ではありますが、地域連携を活かし、情報共有を行いながら退院後の生活に、安心して繋げられるように、病棟スタッフ、多職種一丸となって頑張っていきたいと思っています。
何か、お困りのこと、不安など有りましたら気軽にお声掛け下さい。退院支援室一同よろしくお願い致します。

退院支援室

▲ページ先頭へ